前へ
次へ

携帯からスマホへの移行に悩むならレンタル携帯

携帯電話のタイプとして従来型のガラケーとスマホがあります。ガラケーは主に通話とメールが中心で、ネット検索などはできるものの使い勝手が良くありません。スマホは画面が非常に大きくてパソコンのような使い勝手があります。通話やメールの他アプリを使ったいろいろな利用ができ生活の幅が広がるかもしれません。バッテリーのもちの面でガラケーの方が優れている点もありますが、コード決済などスマホでないと利用できないサービスもあり必要性が高まっています。今ガラケーを使っていてスマホへの移行を考えているならまずはレンタル携帯で使用感を試してみると良いでしょう。ガラケーとスマホでは大きさや重さ、そして気の使い方など結構違いがあります。一旦変えてしまうとすぐにはガラケーに戻せないときもあるので、スマホに移行するなら慎重に行わなければいけません。レンタル携帯ならガラケーはそのまま持ちながらスマホの使い勝手を知ることができます。使えそうだと思えばガラケーを解約して新たにスマホの契約をすればいいでしょう。レンタル携帯というと利用できるサービスに制限がありそうですが基本的にはありません。もちろん電話番号やメールアドレスなどはそれぞれのレンタル携帯の機械に合わせたものになるので、電話がかかってくるのはガラケーの方ばかりになるでしょう。家族などにはレンタル携帯の番号も伝えておいてそちらに電話するようにしておくと良いかも知れません。ガラケーとスマホでは電話の仕方も多少違うので、レンタル携帯で慣れておいた方が良いでしょう。せっかくレンタル携帯を使うのであれば移行を予定しているメーカーや機種のものを選択しましょう。スマホには多くのメーカーのものがあり機種も異なります。メーカーが使えば使い勝手が変わり機種によっても違うので、レンタル時は使いやすかったが実際移行したときの機械は使いにくいなどもあります。メーカーなどがわからないときは複数の機械をレンタルして使い勝手を試すのもよいでしょう。

Page Top