前へ
次へ

レンタル携帯を壊したらどうなるのか

携帯電話を利用していて良くあるのが破損です。携帯電話の中でもスマホは余分な部分があまりないのでストラップさえつけることができません。手に持っておけばよいですが、ちょっとしたことですぐに手から滑り落ちて地面に落としたりすることがあるでしょう。下が硬い地面の時は運が悪ければガラスや液晶が割れることもあります。さらに運が悪いことにトイレなどであれば水没させてしまうこともあります。すぐに取り出しても画面は消えたままかもしれません。自分の携帯であれば壊しても修理に依頼をしたり買い替えたりをすれば使えます。もちろんその費用は自分で負担をしなければいけませんが、携帯電話会社によっては補償サービスがあって一定の補償をしてもらえる時もあります。気になるのはレンタル携帯を利用するときでしょう。何年も使ってもそれほど故障などのトラブルがないのに数日の利用で故障させることはあまりないでしょう。ただちょっとしてミスは誰でもありレンタル携帯を壊す可能性がないとは言えません。レンタル携帯を故障させてしまったときは基本的には弁償が必要になります。修理が可能な状態なら修理費用が掛かるでしょうし、修理が不可能なら新たに買い替えるための費用が必要になるでしょう。レンタル携帯会社によっては故障時の弁済費用が示されているのでそれをチェックしておきましょう。中には本体価格以上の弁済金が指定されているときがあり、安い機械をレンタルしていてもそれを支払わなければいけません。レンタル携帯会社によっては補償サービスを用意してくれていて、そちらに加入しておけば一定の補償をしてもらえます。このときはレンタル携帯を利用するときの費用としてレンタル料、通話や通信料に加えて補償料を支払うことになります。オプションとして指定されていて加入は任意になりますが、心配であれば加入しておくと良いでしょう。1日当たりで計算されることが多く数百円程度です。数百円払っておけば数万円の補償をしなくて済みます。

Page Top